MODx 挿入バー for Dreamweaverを試作中

MODxネタが続きます。現在、Dreamweaverで使えるMODxコードヒントを公開中ですが、同じくDreamweaverで使えるMODx用の挿入バーを試作してみています。

一応、既にMODx DevKitというものもあるのですが、内容が古くなってしまっています。最初の頃は使っていたんですが、本当にタグを挿入するだけのものなので、今はコードヒントで十分かなあという感じです。とはいえ、スニペットのパラメータを入力するのは大変、というか忘れてしまうので、個人的にも楽に入力したいと思っていたのが今回の開発の動機です。

それで、しばらくドキュメントと格闘していたのですが、なんとか基本部分ができたみたいです。簡単そうなGetFieldで試作しました :D

  • MODx 挿入バー for Dreamweaver(試作版)

MODx DevKitと同じように、挿入バーとして動作する拡張機能です。最初、タグライブラリとして開発しようと思ったのですが、どうもDreamweaverのタグライブラリは<で始まるものしか登録できないようなので断念しました。コードヒントを作成するときもここでつまづいたのを思い出しました。

入力値のチェックや依存関係にあるパラメータのチェックはしていませんが、それは気が向いたら入れることにします。基本部分は共通で使えるようにしてあるので、今はスニペットのダイアログをどんどん作成していこうというところです。せっかくなので、先に英語で作成した後、日本語にローカライズする予定です。

ちょっと悩みどころなのは、パラメータの多いスニペットとリファレンスをどうするかですね。パラメータだけ見てもよくわからないのものもあるので、簡単なリファレンスは是非とも組み込みたいのですが、スニペットのドキュメントが整備されているわけでもないので難しそうです。本家のWikiかリポジトリのページに飛ぶようにして、お茶を濁しておこうかと思います。

それと、試作版ではフォームのラベルとして簡単な説明を付けていますが、そのものずばりなパラメータ名にした方が良いか迷ってます。両方にしておけば問題ないですかね。ラベルが長くなりそうな気もしますが :|

最近のDreamweaverは、貧弱なコードエディタはそのままに、Spryやら中途半端な互換性チェックやら、どうでもいいような機能ばかりが追加されていくので、CS3にはアップグレードしなかったわけですが、こういった拡張性の高さはさすがだなあと思います。

ある程度のまとまりになったところで、MODxコードヒントとまとめて、MODx Kit for Dreamweaver(いい名前が思い浮かばない)のような感じで公開します :)

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/105/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/105/