もしもドロップシッピングの実験を開始

今さら感がかなり強いですが、もしもドロップシッピングでドロップシッピングの実験を開始しました。せっかくなので経過と結果を書いていこうと思います。

ドロップシッピングの現状ですが、大手が早々に撤退していった事実が全てを物語っています。残ったプロバイダは初心者を集め、セミナーなどで会員から元を取ろうと必死です。もしもドロップシッピングもその一つですが、ちょうど、もしもドロップシッピング選手権が開催中だったので、本当に成果が出るのかどうかの実験も兼ねて、参加してみることにしました。

もしもドロップシッピングへの登録は立ち上げ当初からしていましたが、実際に利用するのは今回が初めてです。

ちなみに、個人的には成果は出ないと思っています。以前から言われているように、もしもドロップシッピングはアフィリエイトの形態に近いにも関わらず、アフィリエイトよりもメリットが少ない形態です。卸値の高さ(もしも側のマージンや2ティア報酬が含まれている)も含め、明らかに成果が期待できる要素が少ないでしょう(メリットがあるとすれば、広告主による成果の破棄リスクがないこと)。

手順

実験ですが、明らかに売れなそうな方法だと思いますが、あえて、もしもドロップシッピングが推奨している方法をベースに行います。

  1. 優良キーワードからキーワードを選択(優良だとは思わないので自分で作成)。
  2. できすぎくんでページを作成(HTMLがひどすぎるので、致命的な問題がある部分のみ修正)。
  3. Google AdWords、Overtureに広告出稿(赤字になる要素が増えるだけなので、Overtureのみ出稿)。
  4. 商品ページを10ページ作る(ページを増やせば売れるわけでもないので2ページだけ作成)。
  5. 月間10万円達成(もちろん、利益ではなく売上げのことでしょう。その前に赤字になる可能性が高いので気にしないことにします)。

ぺージは1ページ1商品で、できすぎくんのページをそのままランディングページにした形で出稿します(キャッチコピーや説明文は編集)。

商品

商品はキーワードや競合の調査結果から、めぼしいものを2点選びました。

  • ダイエット・美容カテゴリの商品A(ターゲットは30~50代の女性)
  • 生活・趣味カテゴリの商品B(ターゲットは20~30代の男性)

いずれも、利益率は30%前後の利益額1,000円前後に設定しました。卸値が高いので価格も相場よりも高めになります。それでも、高すぎるというほどではないでしょう。

利益額は、商品AはOvertureで競合するページより少しだけ安め、商品Bは競合がいないので1,000円により近く設定しました。

Overture

Overtureは次のような設定で出稿します。

  • 広告表示の最適化はオフ(Overture側の都合による最適化なのでオフにします)。
  • 検索方式は部分一致(完全一致にしてもインプレッションとクリック数が減るだけなので、部分一致にします)。
  • コンテンツマッチはオフ(コンバージョン率が低いのでオフにします)。
  • クリック単価は9円(競合が少ないのと、赤字になる可能性が高くなるので最低単価にします)。
  • キーワードは商品ごとにそれぞれ30~40個前後。
  • 広告は商品ごとにそれぞれ2~4種類。

クリック単価が9円、利益額が約1,000円なので、約111クリックが限界クリック数となります。成果が出るとすれば、Overtureのクリックに対するコンバージョン率は最低でも1%前後はあるはずなので、計2,000円前後で結果がわかることになります。

商品Bはビッグキーワードですが競合がいないため、1位に表示されます。商品Aはいわゆるニッチ系ですが競合が少ないため、上位に表示されます。

効果測定と最適化

今回は、あくまでももしもドロップシッピングが推奨する方法での実験なので、アクセス解析等を利用した詳細なトラッキングや分析は行いません。計測項目は、Overtureともしもドロップシッピングの管理ページ上で確認できる基本的な項目のみを参考にします。

キーワードと広告については経過を見ながら最適化しますが、クリック単価は最低単価の9円に固定します。また、ランディングページについてはコピーと説明文のみしか最適化しません。

商品選択が間違っていなければ、報酬額1,000円は利益が出るラインですが、価格面でのデメリットが大きい上に、できすぎくんで作ったようなページでは成果が出ない可能性が高いと思っています。果たしてどうなることでしょう。Overtureで最低単価での上位表示ができていることが、どれほどの効果があるかにかかっていますね。

万が一、商品が一つでも売れた場合にはそこで実験を終了します。平均的な成果が期待できる商品ということになるので、適切なランディングページを作成、詳細な効果測定・最適化を行いながら本格的に参加することにします。

既に実験開始より3日目になるので、また後でここまでの結果をまとめてみます。

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/124/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/124/