商標キーワードで広告表示されるOverture

Overtureでの広告出稿について、某SEO/SEM系会社から警告が届きました。

警告の内容は、クライアントの会社名・商品名にあたるキーワードが入札されているので、それを停止してほしいというものです。そんなキーワードで入札した覚えはないし、そもそもその辺りの規定は遵守しています。しかし、念のために確認してみると、確かにそのキーワードで広告が表示されたのでした。

内容としては警告というほどの仰々しいものではないものの、事実上の警告なので、「対象外キーワード」に該当のキーワードを設定しました。その結果、検索結果から広告表示は消えました。

腑に落ちないので調べてみても、当然ながら、該当のキーワードにも該当のキーワードを含むキーワードにも入札していません。さらには、広告の文言にすらそのキーワードは含まれておらず、サイト上にも該当のキーワードは存在しません。どうしてこんなことになったのでしょうか?

Overtureのシステムに不具合が多いことは有名ですが、さすがに、今回のようなケースは困りますね。良い方向に理解すれば、関連キーワードとして表示されたとも考えられますが、それにしては他のキーワードでは表示されないのは不可解です。

連絡をいただいた会社は、SEO/SEMではそれなりに名の知れた会社(警告が来るとの話もよく聞く)ですが、そういった会社ですらOvertureのシステムの仕組みを理解しきれていないということになります。そういったケースを理解していれば、Overtureの不具合・仕様である可能性も示してくるはずだと思います。

もしもドロップシッピングの実験(6月16日)」で書いた広告表示数の減少に関するOvertureの回答は要領を得ず、キーワード・広告の改善を行ってくださいとのことでした。その後もコンテンツマッチ広告は一切表示されていない状態なのですが、品質インデックスの悪化や単価の高騰が影響しているのだろうと、とりあえずは消化することにしました。

しかし、商標キーワードでの広告表示は、場合によっては重大な結果につながりかねません。今回のようなケースまで起きると、Overtureのアカウントに他人のデータが混じり込んでいるのではないかとすら疑いたくなりますね。品質インデックスや掲載順位の仕組みはともかく、検索キーワードとのマッチング方法については公開してほしいものです。

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/139/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/139/