MODxを別のサーバに移行する方法

レンタルしてるサーバのXREA+が重くなってきたので、新しく追加でCoreserverを借りました。CMS製のサイトをいくつか移行させたので、その際の作業をメモしておきます。今回はMODxです。

ファイルとデータベースのエクスポート

移行の際に必要なものは、古いサーバ上にあるファイルとデータベースのデータです。

まず、データベースのデータをエクスポートします。シェルからmysqldumpコマンドを利用してもいいですが、今回は一つのデータベース内に複数のCMSのテーブルがあったので、phpMyAdminからMODxのテーブルのみを選択して、SQLファイルとしてエクスポートしました。

次にファイルをダウンロードします。一つ一つダウンロードしていては時間がかかるので、SSH接続でシェルに入り、tarでアーカイブしてしまいます。この時、トップディレクトリの「.htaccess」ファイルはワイルドカードの対象外なので、忘れずに個別に指定します。

tar cvfz modx.tar.gz * .htaccess

このtar.gzファイルは、FTPクライアントソフトなどでローカルコンピュータにダウンロードしておきます。

ファイルとデータベースのインポート

エクスポートしたSQLファイルを新しいサーバにインポートします。今回は、エクスポートのときと同じようにphpMyAdminからインポートしました。

次にアーカイブしたtar.gzファイルを新しいサーバにアップロードします。シェルにログインして、tar.gzファイルを展開します。この時、アーカイブ時のパーミッションを保持するためのpオプションを忘れずに指定します。

tar xvfp modx.tar.gz

MODxの設定を変更

/manager/includes/config.inc.phpを新しいサーバとデータベースに合わせて変更します。

/**
 *	MODx Configuration file
 */
$database_type = 'mysql';
$database_server = 'localhost';
$database_user = 'データベースのユーザ名';
$database_password = 'データベースのパスワード';
$database_connection_charset = 'utf8';
$dbase = '`データベース名`';
$table_prefix = 'modx_';

設定が間違っていなければマネージャにログインできるので、「MODx設定」から「リソースパス」と「ファイルマネージャパス」を変更します。

  • 画像: リソースパスの変更 - MODx
  • 画像: ファイルマネージャパスの変更 - MODx

その他、設定が必要なリソースを利用している場合には、それらも個別に設定を変更します。

以上で、MODxの新しいサーバへの移行は完了です。

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/162/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/162/