Adobe Illustrator CS4の購入とレビュー

昨年、DreamweaverとPhotoshopをCS4にアップグレードしましたが、新規にAdobe Illustrator CS4を購入しました。

Illustratorは初めてなので、合わせて本も2冊購入してみました。

  • Illustratorトレーニングブック
  • Illustrator CS4スーパーリファレンス(For Windows)

「Illustratorトレーニングブック」はベクター系のソフトが初めての人におすすめです。Illustrator CS4でのイラストの描き方の手順が図入りでわかりやすく書かれています。「Illustrator CS4スーパーリファレンス」はIllustrator CS4を使いこなしたい人におすすめです。CS4の機能をほぼ網羅しているのでやりたいことを逆引きできます。個人的には、「Illustrator CS4スーパーリファレンス」だけで十分だったかなと思いました。

Adobe Illustrator CS4の良かった点

CS4というか、Illustratorを使用するのが初めてなので、他のソフトやPhotoshopと比べて良かった点です。

「整列パネル」

「整列パネル」では、複数のオブジェクトを簡単に整列・分布できます。Photoshopでも整列・分布はよく使いますが、Illustratorでは素早く操作できるので便利です。

「アピアランス」と「シンボル」

「アピアランス」はPhotoshopのレイヤースタイル・スマートフィルタのようなものですが、線や塗りを複数追加したり、重ねられるのが便利です。

「シンボル」はFireworksやFlashなどのシンボルと同様で、元のシンボルを変更するとインスタンスに変更が反映されます。伸縮位置を指定できる「9スライス」にも対応しています。

「アピアランス」ではPhotoshopのフィルタも使えますし、パーツは「シンボル」で共通化できますし、後からでも簡単に修正できるようになっているのは助かります。

  • 画像: 「アピアランス」 - Adobe Illustrator CS4

「グラフ」

「グラフ」ではExcelのようなセルに数値を入力することで、簡単にグラフを作成することができます。グラフの種類も機能も十分ですし、「アピアランス」や「効果」を使えば、簡単にきれいなグラフを作成できるのには感動しました。

  • 画像: 「グラフ」 - Adobe Illustrator CS4

Adobe Illustrator CS4のいまいちな点

主にPhotoshopと比べてですが、Illustrator CS4のいまいちだった点です(まだ、全然使い込んでいないので勘違いの可能性もあります)。

「ヒストリーパネル」がない

Photoshopでは操作を取り消す際に「ヒストリーパネル」をよく使うのですが、Illustratorにはありません。これまでの手順が見えないので少し不便に感じます。

「レイヤーカンプ」がない

レイヤーの表示状態などを保存しておける「レイヤーカンプ」がありません。Photoshopのファイルを読み込む場合には読み込むレイヤーカンプを指定できますが、Illustratorのみで作業する場合はレイヤーが増えると管理が大変です。

Web用の素材が作りにくい

元々、Web用のソフトではないので仕方ないのですが、ピクセル単位を扱う場合には、Photoshop以上に小数以下の端数がでやすい感じです。Web用途にも使えるような作り方を試行錯誤する必要がありそうです。

Adobe Illustrator CS4の不具合っぽい点

いくつか不具合っぽい点も見つかりました。特に、CS4で新しく採用されたOWLのUIにおかしな点が多いように思います(仕様や環境によるものの可能性もあります)。

「整列パネル」のハイライト表示が残る

「整列パネル」を使用した後、アイコンのハイライト表示がそのまま残ってしまいます。

  • 画像: 「整列パネル」のハイライト表示が残る - Adobe Illustrator CS4

「レイヤーパネル」でレイヤーをドラッグすると画面が崩れる

レイヤー・サブレイヤー・グループ・オブジェクトの数が多い場合に、ドラッグ&ドロップで位置を移動しようとすると、レイヤーパネル内に黒い長方形が表示されます。

  • 画像: 「整列パネル」のハイライト表示が残る - Adobe Illustrator CS4

「レイヤーパネル」でレイヤーに設定したカラーが反映されない

レイヤー・サブレイヤー・グループ・オブジェクトの視認性を高めるためにカラーを設定できるのですが、親レイヤーのカラーを変更しても下位のカラーが変更されません。一度レイヤーを折りたたむと、設定したカラーが反映されます。

  • 画像: 「レイヤーパネル」でレイヤーに設定したカラーが反映されない - Adobe Illustrator CS4

「テキストツール」で選択範囲が反転表示されない

「テキストツール」でテキストを編集する際、テキストの一部を範囲選択しても反転表示されません。そのため、テキストのどの部分を選択しているのかがわかりません。

「ドキュメント設定」の単位が反映されない

「ドキュメント設定」でドキュメントで使用する単位を設定できるのですが、ドキュメントを切り替えたり、開き直した場合に単位が反映されません。「コントロールパネル」や「変形パネル」などの単位は、他のドキュメントで設定した単位がそのまま使用されます。

「ナビゲータパネル」でのスクロールがおかしい

「ナビゲータパネル」でドキュメントをスクロールしようとすると、逆方向にスクロールしたり、うまくスクロールできないことがあります。ドキュメント内で利用している領域が広い場合に発生します。

  • 画像: 「ナビゲーターパネル」でのスクロールがおかしい - Adobe Illustrator CS4

作業に支障が出るほどではないのですが、Dreamweaver CS4やPhotoshop CS4に比べると、Illustrator CS4の完成度はいまひとつ低い感じがします。アップデータで対応してくれることを期待したいです。

全体的には、Web用の素材からプレゼンテーション用の資料、PDF、印刷物の作成など、色々な用途に利用できそうなので概ね満足でした。

コメント (2)

IllustratorとPhotoshopは使用目的が違うソフトなので比べる事にまったく意味がない。

たしかにIllustratorとPhotoshopでは得意分野は違うのですが、取り上げた機能は、用途に関係なく十分比較対象となるものだけかと思います。
一言で言えば、Adobeのソフト間でUIや機能面の統一性が乏しく、中途半端な機能が多いという印象はありますね。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/184/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/184/