キーワードを監視できるTwitterクライアント「Seesmic DESKTOP」

TwitterクライアントソフトをTwhirlからSeesmic DESKTOPに乗り換えました。

Seesmic Desktopは、Twhirlと同じくSeesmicからリリースされているAIR製のTwitterクライアントソフトです。まだプレビュー版のソフトですが、いくつかの点で気に入ったので、Twhirlから乗り換えるきっかけとなった便利な機能を紹介します。

複数アカウントの切り替え

Seesmic DESKTOPではドロップダウンリストから簡単に切り替えることができます。

  • 画像: 複数アカウントの切り替え - Seesmic DESKTOP

いくつかの設定はアカウントごとに変えることができます。

Twhirlでも複数アカウントの切り替えはできましたが、別のウィンドウから切り替えなければいけないため面倒でした。

ユーザーリスト

カテゴリーを作成して、ユーザーを分類することができます。

  • 画像: ユーザーリスト - Seesmic DESKTOP

気になる人をカテゴリー分けして、カテゴリーごとにつぶやき(Tweet)を一覧することができます。

キーワード検索

世界中のつぶやき(Tweet)をキーワードで検索することができます。

  • 画像: キーワード検索 - Seesmic DESKTOP

フォローの有無に関係なく検索することができ、検索結果は保存しておくことができます。そして、保存したキーワードで新しいつぶやき(Tweet)が見つかると自動的に通知してくれます。

Twhirlと比べると機能的にはまだシンプルですが、コンパクトさはTwhirlを踏襲しています。

キーワードでのつぶやき(Tweet)監視機能が特に強力で、気になるキーワードを登録しておけば、関連する最新のつぶやきを常に知ることができます。この機能があるために乗り換えたようなもので、Web上から検索を使ったり、外部のサービスを利用する必要がなくなります。

マルチバイト文字に関しても、実用面ではほぼ問題ないようです。

しっくりくるTwitterクライアントがないと感じている人は、一度、試してみてはいかがでしょうか?

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/191/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/191/