Twitterでの流行調査に使える5つのツール

マーケティングにも役立つ、Twitterでの流行調査に使える5つのツールを紹介します。

TweetReach - retweet(引用)の統計調査

あるキーワード・フレーズ・センテンスが、Twitterコミュニティにどれほどの影響を及ぼしているかグラフで表示してくれます。あるTweet(つぶやき)がどれくらいの人に届いているかや、その分野でTweetの多い人を調査することができます。

  • 画像: TweetReach

Twitter Charts - 活動時間帯を調査

あるTwitterアカウントについて、Tweetの多い時間帯をグラフで表示してくれます。どの時間帯にTweetすれば、その人が反応してくれる可能性が高いのかを調査することができます。

  • 画像: Twitter Charts

TweetBeep - 条件に合うTweetを監視

設定したキーワードや人、場所、Tweetの属性、リンクの有無の条件に合うTweetをメールで通知してくれます。自分の興味のあるTweetだけを監視することができます。

  • 画像: TweetBeep

Twist - Twitterの流行を調査

あるキーワードが、Twitterがどのくらい流行しているかを時系列グラフで表示してくれます。Twitterでの流行や実際のTweetを調査することができます。

  • 画像: Twist

BackTweets - Twitterからの被リンクを調査

あるURIについて、URIへのリンクを含むTweetを表示してくれます。あるURIがどのくらいの人にTweetされているのかや、実際のTweetを調査することができます。

  • 画像: BackTweets

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/193/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/193/