FirefoxのSQLiteデータベースをVACUUMしてみた

Firefoxをようやく3.5にアップグレードしたものの全然速くなった気がしません。Firefoxが使用しているSQLiteデータベースを最適化すると軽くなるらしい、ということを聞いたので実際に試してみました。

FirefoxのSQLiteデータベースは、Windowsでは次のような手順で最適化します。

  1. Firefoxを終了。
  2. ドライブ:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\プロファイル名\ファイル名.sqliteをバックアップ。
  3. SQLite Home PageからSQLite(sqlite-バージョン番号.zip)をダウンロード。
  4. sqlite-バージョン番号.zipを展開してできたsqlite3.exeを、ファイル名.sqliteがあるディレクトリにコピー。
  5. コマンドプロンプトから、ファイル名.sqliteごとにsqlite3.exe ファイル名.sqlite VACUUMsqlite3.exe ファイル名.sqlite REINDEXを実行。

今回は、特にファイルサイズが大きくなっていた「places.sqlite」を最適化してみました。

VACUUM, REINDEXによるファイルサイズの変化
ファイル名 最適化前 最適化後
places.sqlite 86,933KB 41,639KB

最適化後には、ファイルサイズがなんと半分以下にまで小さくなりました。

肝心の速度はというと、たしかに起動・終了時時間がかなり改善されました。その他も少し速くなった気がするのですが、これは気のせいかもしれません。

利用している拡張機能を減らせば、もう少し軽くなるのかもしれません。色々と削除したり、無効化したりで、現在、有効にしている拡張機能は36個です。1年前は46個も有効にしていたのに軽く感じました。慣れとは恐ろしいですね。

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/196/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/196/