Another HTML-lintにはコメント宣言の解釈に関する不具合がある(?)

Another HTML-lint gatewayに、コメント宣言の解釈に関する不具合らしきものがあることに気づきました。

WordPressではscript要素や連続するハイフンも自動整形される」に、WordPressで条件付きコメントを使う場合には注意が必要だと書きました。条件付きコメントはよっぽどのことがない限り使わないのですが、ふと気になって、次のようなXHTMLThe W3C Markup Validation ServiceとAnother HTML-lintでチェックしてみました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
  <head profile="http://purl.org/net/ns/metaprof">
    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
    <title>総額1,000,000!今なら、先着100名様にプレゼント!</title>
  </head>

  <body>
    <!--[if IE]>
      <p>Internet Explorerではご覧いただけません。</p>
    <![endif]-->

    <!--覗いちゃだめよ-->

    <!--[if !IE]> <-->
      <p><a href="hyakuyen.html">今なら、先着100名様に10,000ルピアをプレゼント!</a></p>
    <!--> <![endif]-->
  </body>
</html>

結果は、W3CのバリデータではThis Page Is Valid XHTML 1.0 Strict!となりましたが、Another HTML-lintではIEを排除する条件付きコメントに対するいくつかのエラーが表示されました。

正しいコメントを書こう」にコメントの書式についての解説がありますが、勘違いでなければ、チェックしたXHTMLのコメントも正しいコメント宣言の書式です。HTMLでも試してみましたが、同様にAnother HTML-lintだけがエラーを出力しました。ちなみに、一般的な書式の条件付きコメントで試した場合にはエラーはでませんでした。やはり不具合でしょうか?

The W3C Markup Validation ServiceやAnother HTML-lintは素晴らしいサービスですが、そこは機械ですので柔軟性はありません。特にW3Cのバリデータについては、「「W3C Markup Validation ServiceとAnother HTML-lint」を書いた:メモランダム」で触れられているように、あくまでも妥当性を検証するためのもので、全ての仕様違反を見つけてくれるわけではないので注意が必要ですね。

コメント (2)

  • MEGU
  • 2008-01-16 21:24

そうですね。。
やっぱり、自分で勉強した部分が最終的には一番信用できるんじゃないかと(笑)。。もちろん、そういったツールは、参考にはなるんだけど。

それより、不思議マークアップを連発する、某WEBサイト制作ツールをナントカして欲しいです(笑)。

凡ミスを潰すには有用なツールですよね。
変な制作ツールを使うよりは、こういったツールをきっかけに覚えていくのがいいかもしれないですね(笑

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/29/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/29/