Google Adsenseの利用規約変更に伴い、プライバシーポリシーを追加

コンテンツマッチ型のウェブ広告の代表、Google Adsenseの利用規約が変更されました。それに伴い、当ブログにもプライバシーポリシーのページを追加しました。

今回のGoogle Adsenseの利用規約の変更でポイントとなるのが、将来の製品、およびサービスに関する内容、そして、プライバシーに関する内容です。前者に関しては、内容を理解した上で同意するのみで済みますが、後者に関しては、サイトの訪問者に対する透明性の高いプライバシーポリシーを明示する必要があるとのことです。

以下、Google Adsenseの利用規約からの引用になります(強調は著者によるものです)。

お客様は、お客様のウェブサイトにおいて広告が配信される過程で、第三者が、お客様のユーザーのブラウザ上のクッキーを認識し、読み取ることができること、または、情報収集の目的でウェブビーコンを使用することができることを明確に開示した、適切なプライバシー・ポリシーを規定し、かつ、これを遵守しなければなりません。また、お客様のプライバシーポリシーには、クッキーの管理に対するユーザーの選択肢についての情報が記載されている必要があります。

ネット人口が増えるにつれて、実に色々な人たちが増えてきました。この利用規約の内容を理解できる運営者がどれほどいるかは疑問ですし、プライバシーポリシーを提示したとして、その内容を理解できる訪問者が日本にどれだけいるかも疑問ですが、Web広告の世界をリードするGoogle Adsenseにこのような明確な規定ができたことは良いことだと思います。

こんな感じのプライバシーポリシーで良いのか多少、不安ではありますが、様子を見ながら問題があれば修正していきたいと思います。「個人情報の第三者への提供」と「個人情報の提供に関する選択肢」が、今回のGoogle Adsenseの利用規約の変更に沿ったものになっています。

なお、2008年5月25日までにGoogle Adsenseの新しい利用規約に同意できない場合、ログインしてアカウントを変更することができなくなります。Google Adsenseを利用している人は早めに対策をしておきましょう。

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/72/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/72/