Adobe Photoshop用スクリプト、カラムウィザードを公開

Webデザインなどに便利なAdobe Photoshop用のスクリプト、カラムウィザードを公開しました。

カラムウィザードは、Adobe Photoshopで段組のためのガイドを自動作成するスクリプトです。詳しい説明やダウンロードは、Phize on the Webの「カラムウィザード(1.0.0) - Adobe Photoshop」をご覧ください。

最近はPhotoshopばかり使っているのですが、不便なところと言えば、ピクセル単位での調整が苦手というところですね。Photoshopの単位としてのピクセルは小数を持つことができるので、整数単位で合わせるためにはガイドを引く作業が不可欠です。そうしないと、いつの間にか1ピクセル未満のずれが生じていた、なんてことになりかねません。

ただ、Photoshopは数値入力が面倒なので、ガイドを何本も作成するとなると大変ですよね。Illustratorがあれば、Illustratorで作ってPhotoshopへ持っていけるのかもしれませんが、持っていないのでそれはできません。そこで、このカラムウィザードを作ってみました。Photoshopでガイドを自動作成してくれるスクリプトとしては、他にGridMakerというものがありますが、こちらは黄金比に基づいたガイドを作成してくれます。

なお、スクリプトはJavaScript製です。公開に合わせて多少の修正はしているものの、JavaScript 第5版をじっくり読み進めている最中ですし、基本的には自分で使えればいいや的なものなので、その辺りはよろしくお願いします。

Photoshopの「スクリプティングガイド」フォルダにPDFのドキュメントがあるので、作業の効率化を図りたい人には役立つと思います。また、「スクリプティングガイド\ユーティリティ\ScriptListener.8li」を「プラグイン」フォルダにコピーすると、操作がPhotoshop用のJavaScriptとして記録・出力されるので、アクションでは実現できない操作の自動化に便利ですよ。

コメント (0)

この記事へのコメントはまだありません。

コメントフォーム

トラックバック (0)

この記事へのトラックバックはまだありません。

この記事のトラックバックURI
http://dxd8.com/archives/51/trackback/
この記事のURI
http://dxd8.com/archives/51/